2017年10月17日

10月13日の授業−大内

遅れて、前後してしまって申し訳ありません。
卒業公演ダンス振付2回目。
ストレッチをやり二人組の筋トレ。
正しい姿勢、やり方で筋トレをしなければ、
痛めてしまいます。
授業でやってきましたが、なかなか頭と身体にしみこまない。
誰でも出来ることだから、つい甘くなってしまうのでしょう。
でも、身体を使う我々は、ストレッチも筋トレも正しく
行わないと、身体を痛めてしまって使えなくなってしまうのです。
その後、振付へ。
今回は、17人が一つの舞台に出ます。
人数が多いので、なかなか難しい。
人数配分や構成に、前回同様時間がかかりました。
1/3ほど付いた振りは、少し難しいかもですが、たくさん練習して、
素敵な世界を見せて欲しいです。
posted by 演出部 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

10月16日(月)成井豊

10時より、生徒主導によるトレーニング。
11時より、台本稽古。
7・8場の半立ち稽古をしました。
先週より多少はよくなりましたが、やはりみんなまだあまり動けず、セリフをしゃべることに終始している。
立ち稽古は、立ってやる読み合わせではありません。
台本に書かれている場所に実際に立ってみる。
台本に書かれている時間を実際に生きてみる。
台本に書かれている事件を実際に体験してみる。
それによって、読み合わせや、自宅で一人でやる練習ではわからなかったことを発見する。
自分の役が何を見て、何を聞いて、何を感じるかを学ぶ。
そして、自分の役のキャラクターや、他の役との関係を調整する。
自分のセリフをしっかり言うことは大切ですが、それだけで終わってしまって、立ち稽古の意味がありません。
生徒のみんなにはぜひとも、本当の立ち稽古をしてほしいです。
posted by 演出部 at 22:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

10月11日(水)の授業(白坂)

卒業公演『クローズ・ユア・アイズ』の稽古5日目。
まずは身体訓練のジョギング、ストレッチ、筋トレ、発声練習。
涼しくなって、走りやすい季節になりました。
卒業公演の稽古に入り、やることが多いからという理由でジョギングをサボらないでほしい。
きっと走っていて良かったと思う日が来ます。
集中稽古や長い本番に負けない体力づくりをしてほしいです。

台本の稽古は、5場と6場の立ち稽古を3回ずつ。
1回目と2回目は、段取りを確認しながら、止めながら、うまくいかないところはやり直しと、なかなか進みません。
やっと3回目は、何とかシーンの頭から最後まで通したものの、会話になっていない、ダメ出ししたところができていない等々、問題はたくさん。
稽古の準備として、台本を良く読む、声に出して読むことが大切だと以前に書きましたが、
一回一回の稽古では、シーンに出ている共演者との会話を楽しんでほしい。
一人で家で台本を読んで考えるのではなく、せっかく皆で集まって稽古するのだから、台本を見るために下を向きっぱなしではつまらない。
準備は怠りなくやっておいて、稽古場では相手役に集中して、その場を生きてほしい。
そして、一回一回の稽古で何かを発見してほしいです。
posted by 演出部 at 00:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする