2017年04月14日

4月14日の授業 (岡田達也)


殺陣の1回目。

内容は
・ストレッチ
・内臓のストレッチ
・ブラジリアン体操
・徒手のアクション
(ストレート、フック)

最初に話をしましたが、この授業の目的は「アクションを通じて、体軸を獲得する、身体管理の能力を身につける」ことです。
それが舞台に立つ身体を作ることに繋がります。
自分の身体としっかり向き合ってください。
そして、自分の身体を理解してください。
舞台上で自由に動ける身体を作っていきましょう。

これから9ヶ月、一緒に頑張っていきましょう。
posted by 演出部 at 21:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

4月12日(水)成井豊

10時に出欠点呼、ギリギリ遅刻は0。
まずは筒井俊作コーチによる、ストレッチ、エアロビクス、筋トレ。
エアロビは2回目だけど、まだまだみんなコーチと同じことができない。
筋力も弱い者が多い。
次に私のリードで、シアターゲームのカウントジャンプ。
ゲームの目的は意識の分散の習熟なのですが、こちらもなかなかうまくできない。
今はとにかく繰り返しやるしかありません。

昼食休憩後、発声練習。
メニューは長音、単音、音パス、外郎売の二人組ユニゾン。
外郎売は古くから滑舌の練習で使われてきましたが、キャラメルボックスではこれを芝居の中の長ゼリフとして練習する。
「外郎売」として、気持ちを感じて、しゃべる。
しかし、まだまだ平板で単調な生徒が多い。
今日は、うまくなるコツとして、チェンジ・オブ・ペースを意識せよと話しました。

続けて、スピーチの1回目。
1人ずつ前に出て、自分の好きなものについて、2分前後話すレッスン。
おもしろい言葉を話すことより、その場で本当に強い気持ちを感じることを大切にせよと言ったのですが、なかなかできない。
スピーチは全部で3回やるので、残り2回で向上してほしいです。

休憩後、セリフの発表。
今日は8組が前に出て、読み合わせ。
とにかくみんなテンションが低い、感情量が少ない、演技が小さい。
自分の演技に夢中で、相手のセリフを受けない。
止むに止まれず、前に出て、模範演技をしてしまいました。
僕の演技はけっしてうまくないけど、感情量、声、演技の大きさはわからってもらえたはず。
次回からは僕以上の大きさの演技をしてほしいです。
頑張れ、15期生!
posted by 演出部 at 23:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

4月10日(月)成井豊

10時に出欠点呼、遅刻が1名。
午前はトレーニング。
まずは、原田樹里コーチの指導で、ストレッチと筋トレ。
次に僕がリードして、ウォーキング、ストップ・ターン、スローウォーク。
次にシアターゲームのタオルパス。
で、昼食休憩。

12時より、発声練習。
まずは床に仰向けに寝て、腹式呼吸。
最後にそのまま、「アー」と声を出す。
次に立ち上がって、全く同じやり方で「アー」。
それから、丸くなって、音パス。
まだまだ「話しかける」声が出せない。
最後に「外郎売」の第一段落を二人組ユニゾンで読みました。

1245より、インタビューのエチュードの2回目。
発声練習とは打って変わって、みんな小さな声。
しかし、23人中2人ほど、いい声が出ている生徒がいました。

1410より、台本練習。
6組が前に出て、最初の2ページちょっとの読み合わせ。
みんなセリフは自然に読めるけど、会話になってない。
なぜなら、相手役のセリフを受けないから。
演技はすべてリアクションであると解説。
残りの6組は次回と予告して、授業は1505に終了。

みんな一つ一つの課題に真剣に取り組んでくれて、うれしかった。
出来はまだまだまだまだだけど、この姿勢が維持できれば、2〜3カ月後には必ず変わっている自分に気づくはず。
頑張れ、15期生!
posted by 演出部 at 00:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする