2017年07月24日

7月24日(月)成井豊

10時より出欠点呼、欠席1、遅刻1。
まずは、関根翔太コーチの指導で、ストレッチ、ボクササイズ、筋トレ。
次に、私のリードで、発声練習のかわりに、二人組朗読。
太宰治『走れメロス』の4回目。
記号タッチの後、今日が『走れメロス』をやる最後なので、一人一人で読んでもらいました。
セリフは読めば読むほど巧くなる。
キャラメルボックスでは、劇団創立10年目から20年目ぐらいの頃、公演のたびに、身体訓練と台本練習の間に、この二人組朗読をやっていました。
テキストは公演のたびに、作品に合ったものを選んだ。
吉川英治の『新平家物語』や、ウィリアム・サローヤンの『パパ,ユーア・クレイジー』など、様々なものをやりました。
稽古初日から3週間ほどやって、最終日は発表会。
私が採点して、優勝者に図書券を贈呈したりもしました。
とにかく様々なテキストを音読すること。
セリフか巧くなりたい人は、ぜひやってほしいです。

昼食休憩後、台本練習。
『ブリザード・ミュージック』の1場。
4組が1回ずつ発表した後、小休止して、さらにもう一周しました。
以下はダメ出し。
〇シラけたことを言って、お客さんに笑ってもらう、というギャグはやめなさい。役者なら常におもしろいことを言おうと努力するべき。
〇このシーンはコミカルなのだから、コミカルに演じるべき。
〇コミカルに演じるためには、お客さんにとってサプライズ効果がある表現を心がけること。その第一は、デフォルメ。
〇大きな気持ちは、腹の下から出すつもりで。
〇コミカルにしようとして、共演者と馴れ合いになってしまうことがある。緊張感を忘れずに。
〇自分を表現を、お客さんはどのように受け取るかを、常に意識すること。
徐々にダメ出しが高度になってきました。
それだけ、生徒たちの演技の質が高まってきたということです。
来週の第二回セリフ発表会が楽しみです。
頑張れ、15期生!
posted by 演出部 at 18:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

7月20日の授業−大内 7月20日の授業−大内 7月20日の授業−大内 7月20日の授業−大内

ストレッチ&筋トレ
筋トレは、腕立て伏せのみ。ただし、これは腕を鍛えるものではなく、
姿勢をキープすることで体幹を鍛え、腕立て伏せではあるけど、
腕の力を極力使わず他の筋肉で行うことを目的とするもの。
生徒さんには、ただやるのではなく、何故やるのか、
自分の頭で考え、行うことの大事さを説明しました。

アイソレーションを行い、
新たな基礎練習として、タンジュをしました。
そして、ピルエットのための、パッセバランス。
さらに新たな基礎練習、身体の分解を行いました。
ダンス、というより、マイムで行う稽古なのですが、
分解することで、ダンスのドルフィンがスムーズに行えます。
そして、シェネ、ピルエットを行いました。

振り付けには行かなかったのですが、今回は、
3拍子のインスト(歌なし)を使用曲として選びました。
さらには、グループでのダンスにする予定です。
生徒さんには、その曲を聞いてもらい、方針を説明しました。

役者としての、ダンスでの表現を
何か少しでも掴んでもらえたらなと思います。
posted by 演出部 at 23:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

7月19日(水)成井豊

10時より出欠点呼。欠席が2名、遅刻が1名。
まずは、小林春世コーチの指導による、ストレッチ、エアロビクス、筋トレ。
次に、私のリードで、発声練習。
『走れメロス』の二人組朗読、ユニゾンと記号タッチをやりました。

昼食休憩後、クラウンの3回目。
3回目だけあって、みんな堂々と演じることができていました。
合格者は4名。
あとちょっとで合格という生徒がやはり4名。
笑いがうまく作れなかった生徒も数名いましたが、ちゃんと最後まで演じ切った。
合格でなくても、自信を持っていいと思います。

休憩後、台本練習。
4組が1回ずつ発表しました。
一人一人が確実に成長していると思いました。
また、組ごとに、個性が出てきたようにも感じました。
一人一人の個性か強い組。
6人のキャッチボールが上手な組。
ギャグをたくさん入れた組。
この組は、正直に言うと、あまり笑えなかったけれど、その果敢な姿勢はすばらしいと思いました。
少しでもおもしろい芝居にするために、どんどん挑戦してほしいです。
頑張れ、15期生!
posted by 演出部 at 21:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする