2017年08月24日

8月23日(水)石川寛美

今日は動きつけの第一回目。
8組が初演の「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の動きを参考に
動線を覚え、演じなければなりません。
本日は2ページ分。2ページと3ページの動き付けです。

まずは1組に出てもらい、1ページずつ動きを教え、3回返したのち
他の組に伝授し、次の組にやってもらう…という形で全8組やりました。
動きを定着させるため、全組動き付けをしたあと、また全組返しました。

そんなに激しく動いているわけではないので、皆だいたいは覚えられたのですが
自分以外の人のことまで思いやれない。自分が今ここにいたら、相手役の動きを
妨げてしまう…ということが考えられない。よって動きが連動していかない。
ということが多かったように思いました。

また、台詞を覚えていないので、とても動きを覚えるところまで
脳がついて行かない、という人も見られました。

機械的に動きを覚えても意味がないのです。
なぜ、その人はそこに動くのか、お客さんからはどう見えているのか。
よく考えてほしいです。

台詞を覚えていないところで動きを入れなければならない
というのは、大変難しいことです。
次は月曜日に続きの動きをつけるはずですから
台詞はとっとと入れて、もっと動きに集中できるようにしてほしいです。
posted by 演出部 at 08:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

8月21日(月)成井豊

2週間の夏休みが終わって、今日から第3クールが始まりました。
第2クールまでは、キャラメルボックスの俳優が来て、ストレッチや筋トレを指導してくれましたが、第3クールからは生徒のみ。
自分たちでメニューを考え、実行しなければなりません。
私は11時すぎに教室に行きましたが、ちょうど発声練習か始まったところでした。

昼食休憩の後、12時から演技のレッスン。
基礎練習である「感情解放のレッスン」は第2クールまでで終了、第3クールは台本練習のみ。
ただし、第1・第2クールのように、自由に演じていいというものではなく、講師が段取を決め、細かく演出していく。
台本練習であると同時に、卒業公演の予行演習でもある、そんな授業をやっていきます。
テキストは、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の1場。
これを俳優教室でやるのは初めて。
どんな芝居が出来上がるのか、とても楽しみです。

まずは配役と組分けを発表。
第3クールは最初から組を固定して、練習していきます。
各組で読み合わせをした後、前に出て発表。
キャラメルボックスやナッポス・ユナイテッドで上演したもの見ている生徒が何人かいたのですが、実際にやってみるとなかなか難しい様子。
今日のダメ出し。
○コソ泥に見えない。犯罪者なら、もっと荒んだ言動をするはず。
○単調。一つ一つの出来事を、もっと大事件にする。
○もっとキャラクターを考える。3人の色分けをより明確にする。
○もっと関係性を考える。3人だから関係は3つ。その違いをより明確にする。
○明るさが足りない。犯罪者の現実感だけを追求したら、どんどん暗くなり、エンタメ性がなくなる。もっと感情表現を豊かにする。

次回から2ページずつ、動きをつけていきます。
そのために、2ぺーじ分はセリフを覚えてきてほしい、と宿題を出しました。
セリフと動きを同時に覚えるのは大変だからです。
いよいよ本格的な演技の訓練が始まります。
生徒たちの努力に期待します。
頑張れ、15期生!
posted by 演出部 at 20:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

8月4日(金)の授業 岡内美喜子

ダンス、9回目の授業。
まずはいつも通り、ストレッチから。
「漫然とやるのではなく必ず自分で考えて課題に取り組む」ということを大内先生が繰り返し言っているので、ストレッチの雰囲気も今日は少し違ったように思います。
せっかく自分の時間を使って、勉強しているのだから、ぼーっと言われたことだけをやるのではもったいない。
小さな積み重ねでも意識することで少しずつ身体が変わっていくと、演技にも影響を及ぼすと思います。
今日は2人組の筋トレを、効果的な形でやりました。
もしかするといつもは楽をしてしまっていたかもしれません。
この形で2セットできるくらいの筋力をつけていきましょう。
舞台に立つには、あらゆる筋力が必要です。
体力勝負です。まずは簡単に鍛えられるところで腹筋。
40代、50代、その先も舞台俳優を続けられるような強い肉体を作っていきましょう。
今のうちに、今しかできないことを、がむしゃらに!この夏に!!
アイソレーション、パッセバランスの基礎練習の後、シェネとピルエット。
シェネはダブルをやってから、シングルに戻しました。
回転するということにだいぶ慣れてきたように思います。
身体の引き締め、ルルベアップ、膝を曲げない、肩を上げない、顔をつけるなど、細かいことにも注意をして、自分の弱点を克服していきましょう。
その後に「雨と晴れの歩きのエチュード」をやってみました。
雨と晴れを肌で感じ、心を動かしながら、決められたカウントでスローモーションで歩く。
その場で感じるということがどういうことなのか、心が動くと身体にどう影響するのか、難しいと思います。
このエクササイズは自分でやっている時の感覚はもちろん、やっている人を見ていても、非常に勉強になると思います。
肌で雨を感じる。温度、強さ、その時の気持ち。
いつでもどこでもできるので、復習してみてください。
今日は振付の2回目。
だんだんと振り覚えも早くなってきたように思います。
移動も多いため、間違えると他の人にも迷惑がかかってしまうので、みんなで協力して流れを作りましょう。
夏休みでしばらく間があきますが、次の授業まで忘れないようにしてください。
posted by 演出部 at 00:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする