2017年08月24日

8月23日(水)石川寛美

今日は動きつけの第一回目。
8組が初演の「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の動きを参考に
動線を覚え、演じなければなりません。
本日は2ページ分。2ページと3ページの動き付けです。

まずは1組に出てもらい、1ページずつ動きを教え、3回返したのち
他の組に伝授し、次の組にやってもらう…という形で全8組やりました。
動きを定着させるため、全組動き付けをしたあと、また全組返しました。

そんなに激しく動いているわけではないので、皆だいたいは覚えられたのですが
自分以外の人のことまで思いやれない。自分が今ここにいたら、相手役の動きを
妨げてしまう…ということが考えられない。よって動きが連動していかない。
ということが多かったように思いました。

また、台詞を覚えていないので、とても動きを覚えるところまで
脳がついて行かない、という人も見られました。

機械的に動きを覚えても意味がないのです。
なぜ、その人はそこに動くのか、お客さんからはどう見えているのか。
よく考えてほしいです。

台詞を覚えていないところで動きを入れなければならない
というのは、大変難しいことです。
次は月曜日に続きの動きをつけるはずですから
台詞はとっとと入れて、もっと動きに集中できるようにしてほしいです。
posted by 演出部 at 08:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする