2017年09月03日

9月1日(金)の授業−大内 9月1日(金)の授業−大内 9月1日(金)の授業−大内 9月1日(金)の授業−大内

ストレッチと、
基礎練習でシェネ、ピルエット各1回転をやりました。
今回は、振付を完成させるために、ショートバージョンで、
それぞれ30分間。
後の2時間は振付へ。
かなり踊るパートへ入るため、時間を取りました。
曲は、2分29秒のインストゥルメンタル(器楽曲)。
楽器のみの曲、2分29秒全部踊ります。
自分が俳優教室で、今まで教えてきた中でも、初の試みです。
ギリギリ最後まで振りは付いて、完成!
歌声はないので、自分で物語を創作しなければならない。
5人のチームで踊るので、5人での息の合わせ、感情の表現も
必要になります。
次回は、それを発表してもらう予定です。
次回の最初は、振り固めは必要になるとは思います。
今回、前回までに付いた振りを踊る皆は、
まだただ振りをしているだけ、になっています。
身体の躍動も、心の躍動も、あまり感じられなかった。
今回振り付けられたものは、まだ余裕もないだろうし、
そうなっても仕方がないかもしれません。
が、その前に付いてる振りは、練習ができるわけです。
言われるまま、付けられたままにやるのではなく、
自分で、生み出さなければいけないのです。
自主稽古などで、世界観や感情を考え、想像して欲しい。
そしてそれが動きとどう連動するのか、考えて欲しい。
皆が、どんな世界を魅せてくれるか、楽しみです。
posted by 演出部 at 17:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする