2018年12月04日

12月4日(火)成井豊

1030より、生徒主導によるトレーニング。
1155に稽古場に行ったら、殺陣の復習をしていました。
1200より、昼食休憩。
1300より、台本稽古。
尻取り稽古の3周目の続きで、6・7場から。
9・10場まで進んだところで、休憩。
1800より、第二回通し稽古。
Yチームの1回目。
上演時間は45秒伸びて、1時間33分44秒。
目標は3分だったので、まだまだ速い。
が、少し緩急がついてきたのは良い傾向。
これを押し進めて、何とか2分伸ばし、1時間36分にしたい。
そのために、緩急の「緩」をさらに「緩」に。
同時に、ギャグも増やす。
全員で取り組めば、きっとできるはず。

『ミスター・ムーンライト』は2001年にキャラメルボックスで初演した作品で、つまり17年も前に書かれたもの。
17年ぶりに稽古してみて、作者の自分が言うのもなんですが、「こんなにおもしろい作品だったのか」と驚いています。
14人の登場人物がみんな魅力的で、無駄な役が一つもない。
ストーリーも波瀾万丈で、無駄なシーンは一切ナシで、話が転がっていく。
17年も再演されなかったのが本当に不思議。
近いうちにまたキャラメルボックスでもやってみたいと思っています。
が、そのためには、今回の公演を成功させなくては。
この公演を見に来たお客さんに「キャラメルボックスでやってほしい」と言わせなくては。
この公演を見に来たキャラメルボックスの劇団員たちに「自分たちでやりたい」と言わせなくては。
生徒たちにも頑張ってほしいけど、まず僕が頑張ります。
だから、君たちも頑張れ、16期生!
posted by 演出部 at 22:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする