2018年12月07日

12月7日(金)の授業(白坂)

昨日は寒かったですが、今日はまた暖かくなり、日々寒暖の差が激しくなっています。
気温を確かめてから出かけたり、夜の寒さ対策を準備しておく等、冷えないように毎日気をつけてほしい。
ここまで風邪をひいていないからと油断しないように、卒業公演の千秋楽までしっかり体調管理しましょう。

さて、今日の授業。
まずは、舞台監督の宮島さんから、劇場に入ってからの注意事項を伝えてもらいました。
仕込みの時、生徒は皆、各部署に分かれて仕事をします。
その部署分けや、タイムテーブルの説明、劇場での過ごし方等、丁寧に説明をしてくれました。
生徒の中で、この卒業公演が初舞台という人が、二人いるとのこと。
初めての人もそうでない人も、怪我や事故のないよう、十二分に注意して過ごしてほしいです。
そして、様々なスタッフワークを知る良いチャンスなので、たくさん見たり考えたりして勉強してほしいです。

その後は、まず昨日の通しのダメ出しを伝えました。
今日の稽古でどこまで行けるかわからなかったのもあり、1場からすべてのダメ出しを伝えました。
そして、昨日の尻取り稽古の続き、5・6場から。
2シーンを通してやった後は、気になる部分や強化したい部分を抜き出して稽古。
稽古すればするほど良くなりますが、通しの時もそれができるようにしてほしい。
8・9場まで稽古をしたら17時半になったので、ここで止めて、休憩と通しの準備に入ってもらいました。

18時から5回目の通し稽古。
Xチームでの3回目の通し稽古です。
通しの前に「新鮮に演じてほしい。発見したり、挑戦したりしてほしい」と伝えました。
全体的に新しい試みをしてくれた人は多かったのですが、成功と失敗は半々という印象。
失敗した人は、反省し、方向性を変えたり、失敗したところの練習をもっとすることで、失敗を次に活かしてほしい。
成功した人は、次にやるときにそれをなぞるようなことはしないでほしいと思います。
タイムは全体で2分50秒も伸びて、1時間38分11秒でした。
ですが、間延びしているという印象はなく、ギャグで伸びた部分と、声が出にくい人が丁寧に喋っていた部分が主に伸びた原因だと感じました。

とうとう明日が最後の稽古。最後の通し。
気合いが入りすぎて眠れない人もいるかもしれませんが、ちゃんと寝ることで、身体と喉を休めてほしい。
明日のために英気を養うことも役者の仕事だと思って、しっかり休んでほしいです。
posted by 演出部 at 22:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする