2018年12月08日

12月8日(土)成井豊

今日は稽古最終日。
僕は、1130に稽古場に到着。
小多田直樹がアクションシーンの点検してくれていました。
終了後は、各自でストレッチ。
それから、ダンスの復習。
1200から、昼食休憩。
1300から、第6回通し稽古。
Yチームの3回目。
上演時間は、1時間36分29秒。
一昨日のYチームの2回目より、明らかに悪化していました。
テンポが悪く、新たに増やしたギャグはどれも空振り。
白坂恵都子の話によれば、昨日の第5回通し稽古はこれほどひどくなかったとのこと。
なぜこんなことになってしまったのか、一人一人が深く反省してほしいです。
終了後は、梱包・荷出し。
明日は休みで、明後日からいよいよ中野ザ・ポケットに乗り込みます。
本番初日まで、場当たりとゲネプロ、チャンスは2回ある。
シングルキャストは4回ある。
何とか今日の失敗を挽回し、もっともっともっとおもしろい芝居にしてほしいです。

ダメ出しで生徒たちにも言いましたが、卒業公演は有料です。
お客さんからお金を取るのだから、「アマチュアなので」という言い訳はできません。
チケット代は2500円。
ということは、2500円以上の価値がある芝居を作らなければならない。
今日の通しはとてもそうは思えませんでした。
4月の入学からわずか8カ月ちょっとしか訓練していない人が作った芝居、と考えるなら、これでもなかなか大したもの。
家族や友達は褒めてくれるでしょう。
が、お客さんの中には、純粋に『ミスター・ムーンライト』という芝居を見に来る人もたくさんいる。
その人たちに「わずか8カ月ちょっとしか」という言い訳はできません。
「2500円払っても見る価値があった」と思わせなければ。
一にテンポ、二にユーモア。
生徒たちの奮起に期待します。
頑張れ、16期生!
posted by 演出部 at 21:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする