2018年12月11日

12月11日(火)成井豊

11時集合。
12時より、場当たり。
まずはダンスシーンを大内厚雄が見ました。
次にアクションシーンを小多田直樹・筒井俊作が見ました。
85分で終わって、5分休憩。

1330より、Xチームで1場から場当たり。
2場ずつやっていきました。
細かい修正をいっぱいしました。
ギャグの新ネタはほとんどがボツ。
相変わらず、ほとんどおもしろくない。
6場までやって、20分休憩。
12場が終わったのが1730で、予定通り。
ここで1時間休憩。

1830より、Yチームで1場から。
シングルキャストは1度やっているので、緊張がほぐれてきた様子。
6場までやって、今度は10分休憩。
12場が終わったのが2115で、舞台監督の宮島雄一郎さんが組んでくれた予定より5分早かった。
つまり、予定通りにできたということです。

稲田美智子さんの舞台美術は今年もすばらしい。
磯野真也さんの照明も美しい。
キャラメルボックス俳優教室の卒業公演のスタッフワークはきわめて上質だと思います。
そんな中で演技できる生徒たちが本当に羨ましい。
キャラメルボックスは33年前に旗揚げしましたが、この質に到達するには何年もかかりました。
しかし、心配なのは、お客さんに「スタッフはいいけど、役者は……」と言われること。
そう言われないように、千秋楽まで努力し続け、成長し続けてほしいです
明日はいよいよXチームの本番初日。
お客さんの背嚢が楽しみです。
頑張れ、16期生!

posted by 演出部 at 23:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする