2019年06月01日

5月31日(金)の授業(佐藤)

物騒な世相を考慮し、本日より太極拳をベースとした護身術を教える事にしました。全身をリラックスさせ、踊るように動く太極拳ですが、元はれっきとしたした武術であり、その技は当然身を守る為にも使うこ事が出来るのですが、かといってその使い方を知るだけでは片手落ちで、やはり実用に足るだけの威力が必要になってきます。その威力、パワーはどこから来るかといいますと、初心のうちは「背骨を前後に、丸め、反る力」と「腰を水平に回転させる力」、そして膝の力を抜く事によって自分の重心を下に落とし、そこから跳ね返ってくる「床からの抗力」です。これらをバランス良くミックスさせ、リラックスさせた手足に伝える事によって初めて相手の攻撃を跳ね返せるだけの技となります。

というわけで、本日は合気道の基礎鍛錬「合気上げ」と太極拳の「引き込み技」を中心に護身術のトレーニングをしました。「合気上げ」は腰を反る力で相手を崩し、「引き込み技」は胸を凹ます(背中を丸める)事によって生じる力を使います。腰を丸めたり反ったり、もしくは胸を凹ませたり反らせたりする動きはダンスの基礎鍛錬にも見られるもので、身体のコントロールの上では欠かせないものです。また、徒手の殺陣(アクション)においても、やられる演技(リアクション)としてそのままの動きを要求されるので、私のレッスン内容の全てに通底する大切な要素とも言えます。生徒のみんなは、腰を反ることや胸を凹ませたりする事でいとも簡単に相手を崩せる事に驚きを隠せない様子でしたが、動きの幅も(という事は柔軟性も)キレも、まだまだこれからです。ある程度の威力を出せるまで、地道な反復練習に励みましょう。

護身術の後は太極拳。基本の型を一通り練った後は、護身術と同じように二人組になっての基礎鍛錬を行います。特に重要なのが、お互いの腕と腕を離さないように攻防を続ける「推手(すいしゅ)」という鍛錬法。腕と腕が離れてしまわぬよう、常に相手と同調しようとする意識、相手を感じようとする意識が要求されます。そのためには全身をリラックスさせる事、下腹に重心を落とす事等が必要になってきます。最初の頃に比べれば随分と樣になって来てはいますが、もっともっと柔らかく、もっともっと丁寧に行えるはずです。更なる高みを目指しましょう。

最後のアクションは一転して力強い動きが求められます。前の二時間で既に脚の筋肉がパンパンに張った状態で行う蹴り技は非常にキツいものがありますが(あちこちで悲鳴が上がっていました / 笑)、アクションの内容的にはまだまだ肩慣らし程度、これからどんどん上げて行きますので更なる身体能力のアップを期待しています。もちろん、それに比例して調整能力(コンディショニング)もアップさせるのは言うまでもありませんが。

総じて、全員の表情が引き締まっているのを感じます。身体の扱いも明らかに丁寧になっていますし、彼らの努力の程が伺えます。どうぞそのままで、そして時には身体を十分休ませながら精進をして行ってください。
posted by 演出部 at 16:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする