2016年12月18日

12月17日(土)有坂

はじめての昼夜公演です。
まずは14時からのYチーム。
前日は細かいミスが多々ありましたが、このステージはかなりミスが減ってきました。
いい集中ができてるなーという印象です。
何名か喉が荒れてきて声が出しづらくなっているのですが、そういうときこそ、気持ちでカバーするしかないんですね。
声を枯らすことはもちろんいけないことですが、でもその時に学べることもあるのです。
おかげで、いままでとは違う演技ができるようになっていたので、この感覚をぜひ覚えておいてほしいと思います。
19時からYチームの千秋楽。
こちらは、やはりミスがちょこちょこあったり、思いもよらないところでセリフ間違いがあったりと、なかなかスリリングなステージでした。
ですが、それもなんとか舞台上の役者たちでカバーしていて、ヒヤヒヤしながらも頼もしく見られました。
4月当初、まともにセリフもしゃべれなかったりへんてこな動きをしていた子たちが、堂々とお芝居をできるようになって、講師として本当にうれしく思います。
お客さんからも好評をいただけて、あたたかい拍手をいただけて、本当に生徒たちにとってすばらしい経験になったと思います。
あしたのX千秋楽まで気を抜かずに、もっともっと面白い芝居にできるよう、最後までみんなでがんばります。
posted by 演出部 at 05:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする