2017年08月05日

8月4日(金)の授業 岡内美喜子

ダンス、9回目の授業。
まずはいつも通り、ストレッチから。
「漫然とやるのではなく必ず自分で考えて課題に取り組む」ということを大内先生が繰り返し言っているので、ストレッチの雰囲気も今日は少し違ったように思います。
せっかく自分の時間を使って、勉強しているのだから、ぼーっと言われたことだけをやるのではもったいない。
小さな積み重ねでも意識することで少しずつ身体が変わっていくと、演技にも影響を及ぼすと思います。
今日は2人組の筋トレを、効果的な形でやりました。
もしかするといつもは楽をしてしまっていたかもしれません。
この形で2セットできるくらいの筋力をつけていきましょう。
舞台に立つには、あらゆる筋力が必要です。
体力勝負です。まずは簡単に鍛えられるところで腹筋。
40代、50代、その先も舞台俳優を続けられるような強い肉体を作っていきましょう。
今のうちに、今しかできないことを、がむしゃらに!この夏に!!
アイソレーション、パッセバランスの基礎練習の後、シェネとピルエット。
シェネはダブルをやってから、シングルに戻しました。
回転するということにだいぶ慣れてきたように思います。
身体の引き締め、ルルベアップ、膝を曲げない、肩を上げない、顔をつけるなど、細かいことにも注意をして、自分の弱点を克服していきましょう。
その後に「雨と晴れの歩きのエチュード」をやってみました。
雨と晴れを肌で感じ、心を動かしながら、決められたカウントでスローモーションで歩く。
その場で感じるということがどういうことなのか、心が動くと身体にどう影響するのか、難しいと思います。
このエクササイズは自分でやっている時の感覚はもちろん、やっている人を見ていても、非常に勉強になると思います。
肌で雨を感じる。温度、強さ、その時の気持ち。
いつでもどこでもできるので、復習してみてください。
今日は振付の2回目。
だんだんと振り覚えも早くなってきたように思います。
移動も多いため、間違えると他の人にも迷惑がかかってしまうので、みんなで協力して流れを作りましょう。
夏休みでしばらく間があきますが、次の授業まで忘れないようにしてください。
posted by 演出部 at 00:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする