2017年12月02日

12月2日(土)の授業(白坂)

月曜に集中稽古が始まって、もう土曜日。
時間が経つのが早いと感じる、今日この頃です。

今日の授業は、昨日の続きで4場と5場、5場と6場、というように2シーンずつ進み、14場のラストシーンまで行きました。
流れをつくる、テンションを上げる、キャラクターとして存在するということが、少しずつ実感できてきているように感じます。
しかし、まだミスがあったり、テンポがつくれなかったりと問題は多いです。
意識を自分にも向けながら、全体を感じなければならないのですが、意識の分散ができていません。
本当に集中した時は、自分の感情が高まると同時に、周りが良く見えるはずです。
今はまだ相手役とお互いに影響し合いながら、感情を高め合っていくということができていません。
セリフや動き、段取りなど、自分のやるべきことはわかっているのですから、これからは全員でシーンをつくるということをもっと意識してほしい。
一人一人がセリフというバドンを相手役に渡し、繋げていくことで、ドラマチックな芝居を見せてほしいです。
posted by 演出部 at 21:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする