2017年12月03日

12月3日(日)成井豊

1030より、生徒主導によるトレーニング。
1200より昼休み。
1300より、第一回通し稽古。
Xチーム。
頭から、くだらない、つまらないギャグのオンパレード。
ギャグを入れてはいけないところにまで詰め込んで、現実感は壊れっ放し。
それでも、「今日はまだ一回目だから」と我慢していたのですが、1時間近く経ったところで、ついに耐えきれず、手を叩いて止めました。
そして、「これ以降は一切ギャグをカットしろ。台本通りに演じろ」と命じました。
再開後、ギャグはなくなりましたが、ひどい大声合戦で、やはり現実感は回復せず。
稀に見るひどい通し稽古となりました。
上演時間は1時間42分ちょっと。

休憩後、細かいダメ出しはせず、「今日以降ギャグは一切禁止。台本を一文字も変えずに演じろ」と命じました。
そして、8場から復習。
1場ごとにチームチェンジをして、14場が終わったところで、休憩。
次は1場から復習。
7場が終ったところで、1940。
カーテンコールの段取りを決めて、稽古して、ちょうど2000。
稽古終了。

通し後の復習で、現実感は回復しました。
が、おもしろくない。
台本を変えずに、感情解釈や台詞回しや表情や身体表現でコミカルにすることができないのです。
が、ギャグを入れれば、今日の通しのように、現実感を失ってコントになってしまう上に、全く笑えない。
だったら、ギャグなどいらない。
台本を一文字も変えずに、コミカルに演じることを探求します。
俳優教室15年の歴史で初めての挑戦ですが、やります。
15期生の必死に期待します。
posted by 演出部 at 22:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする