2017年12月17日

12月16日(土)の授業(白坂)

卒業公演の本番4日目。
Yキャストの本番の日で、夜の回はもうYキャストの千秋楽。
いつも通りダンスと殺陣の稽古をして、気合入れ。
今日は、4月に俳優教室に入った時とは比べ物にならないほど皆が成長したこと、そして、本番が最も成長できる機会であることを告げ、本番では大切にバトンを繋げてほしいと伝えました。
本番のタイムは2分伸びて、1時間42分くらい。
毎回ダメ出しで早い早いと言っていたのが、やっと落ち着いたペースになりました。
落ち着きましたが、やはりミスがいくつかあったのが残念。
ですが、全体的には笑いもほどほどにあり、ストーリーをお客さんにしっかりと伝えられた手ごたえはありました。
ダメ出しの後は、舞台監督さんから明日のバラシ(公演後の片付け・搬出作業)の説明があり、その後に休憩と夜公演のための準備。
この時間に舞台を使って稽古をする生徒もいます。
寸暇を惜しんで、もっと芝居を良くしよう、向上しようと頑張る姿は素晴らしいです。
そして、夜の回の気合入れ。
成井さんが、相手から受けることで毎ステージ新鮮さを保つことができるという話をし、Yキャストの千秋楽が始まりました。
やはりいくつかミスがありましたが、芝居の緊張感は持続できていたように感じます。
笑いは昼の回よりは少なかったようですが、芝居の深みは増しました。
ですが、力が入りすぎたり、声が大きすぎたりして現実感を失ってしまうセリフがあり、もったいないと思う部分もありました。
またダメ出しをして、掃除と洗濯をして、最後にミーティングをして終了。
あっという間に、劇場に入ってからの6日間が終わりました。
おそらく生徒全員が「あっという間」と感じていると思います。
明日が最後の一日、最後のステージ。
きっとまた「あっという間」と感じるとは思いますが、充実した時間を過ごし、最後のお客様へのおもてなしを楽しんでほしいです。
最後の1ステージで、またさらに成長する姿を見せてくれることを期待しています。
posted by 演出部 at 01:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする