2018年06月07日

6月6日(水) 石川寛美

10時に出席を取り石森コーチのもと、ストレッチ、エアロビ、筋トレ。

11時15分から石川が発声。音パスと外郎売りフリータッチ。

外郎売りはずいぶん定着してきましたが、
まだ前の人からもらう、後ろの人に渡す、ということができていませんでした。
台詞を受ける、台詞を渡す、という練習でもありますから、一人でやらず、
もっと周りを見てほしいと思います。
また声を大きくする=下に押し付ける、と体が勘違いしてしまっている人が
気になりました。声は押し付けるのではなく、響かせる方が大きく聞こえるのです。
押し付けてしまっては逆効果です。

お昼休憩のあとは漫才のレッスン。
今日はレポートの中の「嫌いなもの」からお題を出して、ボケとツッコミの練習。
二人組で、お題を出された方の人が、そのお題について話しながらボケを作るのです。
一昨日はさんざんだったようですが、今日はなかなか面白い組もありました。
ただ…レッスンの目的(ちゃんとボケとツッコミを作る)
というところから生まれた笑いではなく、ほぼキャラクターで笑わせるといった感じ。
でも今日で方向性と求められているものはちょっとわかってもらえたかなと思います。

休憩のあと台詞のレッスン。
「ブリザードミュージック」のオープニングの6人のシーン。
まだまだこれからキャラクターやら関係性の掘り下げやらしていきますが…。
まずは台詞の基本、ちゃんと相手にかける、ちゃんと相手から受け取る。
ただ相手は今回はたくさんいますからね。
台詞のないときにどうするか。
関係性を作るという作業はどのようにしていくのか。
一緒に勉強していきましょうね。


posted by 演出部 at 09:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする