2018年12月16日

12月15日(土)の授業(白坂)

卒業公演本番4日目。
13時前に劇場に入ると、毎日のルーティーンであるダンスと殺陣の練習は終わっていて、休憩と準備に入ったところでした。
13時15分に気合い入れをして、「皆さんはアマチュアですが、プロ意識を持ってほしい」とお願いしました。
難しいことではなく、小道具や衣装を大切に扱う、時間を守る、ミスをしない等の基本的なことをやってほしい、そうすることでより成長できるし、楽しめるはずだと思っているからです。
そして、14時に本番。
5ステージ目でYキャストの2ステージ目です。
タイムは1時間35分台。
全体としては、昨日の14時の回のように、前半があまり快調なテンポではなく、ミスもありました。
ですが、大きくお客様の反応があるところがいくつかあり、やはり台本の面白さは届けられているようだと感じました。
キャラクターの魅力や笑いに関しては、もっともっと頑張ってほしいと思います。
そして、「そんなことをしてしまったら、舞台装置が壊れてしまう危険性があるミス」がありました。
実は、これと同じミスを既に何人かがやってしまっていて、何度も注意したはずなのにまたやってしまったのです。
これは本当に危険だと思い、ダメ出しの後、そのシーンに出ている全員で何度も何度も何度も何度も稽古してもらいました。
大変だとは思いましたが、怪我をしてからでは遅い、舞台装置が壊れてからでは遅いと思ったからです。
16期生は、ミスに対して甘い人が多いという印象があります。
どうかプロ意識を持って、本番に臨んでほしいです。

そして、18時15分に今日二度目の気合い入れをして、19時に本番。
6ステージ目で、Yキャストの千秋楽です。
タイムは20秒延びましたが、お昼の回と同じく1時間35分台。
お客様には気にならないような小さなミスはいくつかありましたが、ノーミスと言っていいステージだと思います。
荒い部分はまだまだありますが、大きく成長した役者もいました。
後半のあるシーンではダメ出しを書くのも忘れ、見入ってしまいました。
毎年思うのですが、1日ごと、1ステージごとに成長する姿を見られることが本当に嬉しいです。
明日は千秋楽。
最高のステージを見せてくれることを期待しています。
posted by 演出部 at 01:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする