2019年08月22日

8月21日(水)の授業(白坂)

夏休みが終わり、久し振りに生徒の皆に会いました。
元気そうで、とても安心しました。

さて、今日の授業。
まずは、生徒主導でストレッチ、エアロビクス、筋トレ、発声。
筋トレはサーキット・トレーニングのような、とてもキツイものをやっていました。
息が切れて、汗びっしょりでしたが、皆、さわやかでした。
そして、全員、倒立ができるようになっていて、びっくり。
きっとたくさん練習したのでしょう。
着実に身体能力は上がっています。

昼食休憩を挟んで、午後の授業は台本。
このクールでは、『アローン・アゲイン』が1組と『四月になれば彼女は』が2組あり、合計3組、
まず各組一回ずつ見せてもらいました。
それぞれが背負っているものやどんな人かということを答えてもらったり、全員でシーンの雰囲気をつくること、
現実感とギャグの共存について等のダメ出しをしました。
台本の難しさや深さが、少しわかってくれたのではと思います。
その後、それぞれの台本のチームで集まってもらい、キャラクターの関係性やシーンの局面等について、
話し合いをしてもらいました。
かなり活発な話し合いになったようで、ほとんど休憩はありませんでした。
そして、動き付け。
今日は各台本、1ページ半くらいずつ動きが付きました。
各チーム、何回もたっぷり稽古することができて、動きはしっかり覚えられたと思います。
今日出番がなかった人もいますが、どんな風に動きを付けるのか、どういう考えで動きを付けているのか、
いろいろ発見できたと思います。
細かいところまでこだわるので、気合いを入れて授業に臨んでほしいです。
そして、ぜひ復習して、忘れないようにしてほしいと思います。
posted by 演出部 at 00:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

8月19日(月)成井豊

10時に出欠点呼、欠席は1名。
今日から第三クール。
第三クールからは、午前のトレーニングと発声はコーチなし、生徒のみで行われます。
既にみんなで話し合いをしてあったようで、ストレッチ、ボクササイズ、筋トレ、発声と、ぞれぞれリーダーが上手に仕切って、さくさく進めていました。
すばらしい!

昼食休憩後、第三クールのテキストを配布し、配役・組分けを発表しました。
『四月になれば彼女は』の3場が2組。
『アローン・アゲイン』の3場が1組。
どちらも昔の芝居なので、見たことがあるという生徒は少なかった。
まずは各組で読み合わせ。
次に、キャラメルボックスで上演した時の映像をみんなで見ました。
『四月になれば彼女は』は再演版。
『アローン・アゲイン』は初演版。
この通りにやれということではなく、あくまでも参考資料になればと思い、みんなに見てもらいました。
で、もう一度、各組で読み合わせを行い、その後、一組ずつ前に出て、読み合わせを発表。
当然のことながら、ボロボロの出来でした。

休憩後、立ち稽古。
椅子を並べ、登退場口だけ決めて、自由に動いてやってもらいました。
が、当然のことながら、あまり動けず。
うまく行かない時は止めて、ちょっと前からやり直す、というのを繰り返しました。

『四月になれば彼女は』も『アローン・アゲイン』も、私と真柴あずきが共作した、アコースティック・シアターの1作。
アコースティック・シアターは現代の東京を舞台にして、若い女性の恋愛・結婚・仕事・家族の問題を描いた、会話主体の劇。
私の単独作は活劇が多いけど、アコースティックシアターは繊細な感情を描く会話劇。
ゆえに、一人一人の登場人物の現実感がとても重要になります。
このクールで、17期生のみんなには、ぜひとも一段上の現実感を獲得してほしい。
もちろんエンタメ性は忘れずに。
第三クールは短いので、あっと言う間に発表会が来てしまいます。
さっさとセリフを覚えて、段取りを覚えて、役作りをしよう!
頑張れ、17期生!
posted by 演出部 at 19:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

8月2日(金)の授業(野口)

ダンス授業8回目。欠席は1名でした。

<授業の内容>
○ウォームアップ
・ストレッチ
曲に合わせてストレッチ。開脚で背中をおしましたが、硬い人が多い!毎日継続しないとなかなか柔らかくはなりません。お風呂上がりなど少しでもよいので、継続してほしいなと思います。

・筋トレ
曲に合わせて1曲腹筋と背筋。その後、1分間の体幹トレーニングを前と横向きで行いました。自分の思い通りの動きをするには、筋トレが必要だと感じている人も多いと思いますが、ダンスには体幹がとても重要です。

○基礎トレーニング
・バレエ
曲に合わせてプリエの練習。以前よりも、引き上げることを意識できるようになってきたように思います。さらに、足を外に開くこと、腕をもう一歩遠くへ意識して、大きく動けるようにしていきましょう。

・アイソレーション
今回振り付けに入っていることもあって、みなさん、かなり動くようになってきました。さらに可動域を広げられるように動かしていきましょう。

・ステップ
ルルベステップ、2ステップは、速いテンポでも上手にできるようになってきました!はじめの頃に比べるとかなりの成長だと思います。シェネターンは軸がぶれてしまう人は、お腹でしっかり支えること、重心を下に置いて、足元に力を入れることを意識しましょう。

・スローモーション
久しぶりにスローモーションの歩きをやりました。4カウント、2カウント、1カウント、走ると段々とペースを上げてそこからまたスローに戻るという動きをしました。走っている時と同じ気持ち、必死さを、スローのときにも表現できるようにしていきましょう。

○振り付け
今日まで、「さよならノーチラス号」のダンスを踊りました。1時間弱もう一度振り付けのポイントや揃えどころなどを確認し、最後に2チームに分かれて発表しました。
振り付けの難しさに比べて練習量が足りていないため、悔いが残った人が多いように思います。たくさん練習していた人も、気負いすぎてミスしてしまうなどもありました。
卒業公演という、お客様の前で舞台に立つ本番の前にこういったことが経験できてよかったのではないかと思います。
この悔しさをバネに、本番で力を出すためにはどうしたらいいのか、どれくらいどういう練習したらいいのか、考えて、実践してほしいなと思います。
いつも本番を想定して練習してほしいです。

それでも、この難しい振り付けをみんなよく踊れるようになりました!
また、踊ったあとにそれぞれ感想を聞きましたが、細かいところに気付けるようになっていて、そこも成長していると感じました。
次回からはまた新しい振り付けを踊ります。今日の反省をぜひ活かしてください!
posted by 演出部 at 15:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする