2017年12月21日

12月21日(木)成井豊

13時より、最後の授業の最後の出欠点呼。
20名出席、1名欠席。
まずは、卒業公演『クローズ・ユア・アイズ』の反省会。
スタッフ別に、それぞれのチーフが反省点を報告しました。
やはり、毎年、問題になるのはコミュケーション。
役者として稽古しながら、同時にスタッフワークもしなければならないので、ついつい連絡が行き届かなくなる。
その結果、仕事の進行が遅れたり、一人に負担かかかりすぎたり。
演劇はコミュニケーションの芸術と言われていますが、それは舞台の上だけでなく、舞台も外も含めて。
この反省を、次の現場で活かしてほしいです。

反省会の後は、講師の私と白坂恵都子が講話。
私からは毎年話している、3つのお願い。
@キャラメルボックスのオーディションを受けてほしい。
A信頼できる演出家の元で、最低3年、演出を受けてほしい。その方がフリーでいるより伸びる。
B死ぬまで演劇を続けてほしい。役者を辞めても、スタッフとして、お客さんとして。
最後に「お疲れさまでした」と挨拶をして、授業終了。

しかし、授業はまだ終わらず、卒業公演のDVDを配布し、レポートを返却。
生徒たちから講師一人一人に寄せ書きとプレゼントを贈呈。
私はゴディバのチョコをもらいました。うれしい!
そして、全員で記念写真。
これで本当にすべて終了。
9カ月にわたる15期生の授業が完了しました。

23人が入学し、21人が卒業しました。
2名の中途退学者が出たのは誠に残念でしたが、21人は見事に大きく成長しました。
日本一ハードな授業を、よくぞ耐え抜きました。
よその養成所が2年かけてやることを、わずか9カ月でやってしまうので、そりゃあハードになるに決まってる。
無事に卒業できたことを誇りに思ってほしいです。
そして、次の現場には自信を持って臨んでほしい。
そして、いつの日かまた一緒に芝居を作りたい。
21人のさらなる成長を祈念します。
卒業おめでとう。
今日までありがとう。
明日からも、頑張れ、15期生!
posted by 演出部 at 23:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

12月18日(月)の授業(白坂)

今日は卒業公演の片付けの日。
12時にミーティングで連絡事項などを伝え、各部署に分かれて片付け。
衣装や小道具の借りたものを返却したり、買ったものを整理したり。
その後、衣装や小道具で生徒が買い取りたいものを買い取ってもらいましたが、ほとんどなくなりました。
期によっては、あまり買い取る人がいなくて困ることもありましたが、今期は今後も使えそうなものや、他の舞台で使えそうなものが多かったのでしょうか。
皆で頑張って選んだり買ったりしたものが、良い物だったという証拠ですね。
それから、劇場に貼ってあったポスターや余ったチラシを配り、皆、そこに寄せ書きのようなメッセージ書く等、なんだか卒業式のような雰囲気でした。
その後は、アンケートを読む時間。
7公演全てのアンケートを皆で仲良く回し読みしていました。
最後に掃除をして終了。
これで本当に卒業公演は終了です。
皆さん、お疲れ様でした。
posted by 演出部 at 01:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

12月17日(日)成井豊

1100、集合。
1200より、ダンス返しと殺陣返し。
1400より、7ステージ目、Xチームの4ステージ目、千秋楽。
前半は、昨日、声を張り上げすぎだった生徒が抑え目にやったおかげで、とてもいい調子で進みました。
が、あるシーンで、ある役者が出とちり!
登場するべきタイミングで登場しなくて、芝居が中断してしまいました。
まあ、出ていた役者が何とか続けたのですが、お客さん全員が「変だ!」と気づいたはず。
これは役者として絶対にやっていけないミスで、これか千秋楽で起きてしまうとは本当に残念。
おかげで、今公演のベストテージは、昨日の夜の6ステージ目、ということになりました。
が、このミスを除けば、一人一人の役者は確実に成長していた。
僕が見たかった『クローズ・ユア・アイズ』に、さらに一歩、近づいてくれました。

バラシ・搬出の後、2000より打ち上げ。
気持ちよく乾杯することができました。
生徒たちともたくさん話ができて、楽しかった。
『クローズ・ユア・アイズ』という難しい台本を、よくここまで仕上げてくれたと思います。
一人一人も本当によく成長した。
脚本家としてはもちろん、演出家として、演技教師として、大きな達成感を得ることができました。
15期生のみんな、舞台スタッフ・制作スタッフの皆さんに深く感謝します。
ありがとうございました。
posted by 演出部 at 00:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする