2017年09月04日

9月4日(月)成井豊

午前は生徒の自主トレーニング。
昼食休憩後、12時より演技の稽古。
最初に出欠点呼、今日は4人欠席、相変わらず多い。
稽古は『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の2場の動きつけで、今日はその4回目。
8・9ページの動きをつけました。
まずは一組だけ前に出て、少しずつ動きをつけて、最後に通す。
次に全組が一斉に練習,
10分後、今日つけた2ページ分を一組ずつ発表。
小休憩後、今度は前回の授業と今日の授業でつけた4ページ分を一組ずつ発表。
みんな動きの飲み込みが早くなってきました。
気持ちも入ってきました。
が、おもしろく演じる、というところまではまだ行かない。
テンションの低い生徒が多いのです。

今日は「受けの演技」について話をしました。
演技では「受け」が大事。
相手役のセリフを聞いて、ちゃんと気持ちを感じる。
それによって、次の自分のセリフが生まれる。
「受ける」と「かける」の繰り返しによって、会話はキャッチボールになる。
という話は、前から何度もしています。
が、なかなか改善しない者がいる。
本人は「受け」ているつもりなのに、見ている側からはそれがわからない。
それはなぜか?
たとえば相手に頭を叩かれたとします。
もちろん、自分は「痛い」と感じる。
だから、「何すんだよ、バカやろう!」というセリフを言う。
この時、「受け」の下手な生徒は、頭の痛みを忘れる。
確かに相手の投げたボールはキャッチした。
が、そのボールは地面に捨てて、自分のポケットから別のボールを出して、投げる。
当然、キャッチボールは成立していません。
人の感情が瞬時に消えることはない。
必ず残存します。
頭を叩かれた痛みもしばらく残ります。
だから、痛みを感じながら、痛みに耐えながら、「何すんだよ、バカやろう!」と言わないと変です。
それは会話においても同じ。
相手のセリフを聞いて感じた気持ちを残して、次の自分のセリフを言う。
これが本当の「受けの演技」です。

日常生活において、この「受け」をあまりしないように努めている人がいます。
冷静さを求められる立場の人は間違いなくそうです。
あるいは、自分は冷静なキャラだと自覚している人。
頭のよさが自慢の人。
常にカッコよくありたいと思っている人。
負けず嫌いな人。
そういう人たちにとって、「受け」は自分の素のカッコ悪い部分が見えてしまうので、極力隠そうとする。
感情解放していないのです。
まあ、一般人はそれでも構いませんが、俳優がそれでは困る。
できるけど、「受け」を隠すキャラクターなので、あまり出さないようにするというのはありですが、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の3人は出します。
「敦也」は3人の中では最も隠そうとする人ですが、それでも出します。
第3クールの稽古を通して、何とか全員が「受けの演技」を習得してほしいです。
感情解放してほしいです。
みんなクラウンまでやり遂げたのだから、きっとできるはずです。
頑張れ、15期生!
posted by 演出部 at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

9月1日(金)の授業−大内 9月1日(金)の授業−大内 9月1日(金)の授業−大内 9月1日(金)の授業−大内

ストレッチと、
基礎練習でシェネ、ピルエット各1回転をやりました。
今回は、振付を完成させるために、ショートバージョンで、
それぞれ30分間。
後の2時間は振付へ。
かなり踊るパートへ入るため、時間を取りました。
曲は、2分29秒のインストゥルメンタル(器楽曲)。
楽器のみの曲、2分29秒全部踊ります。
自分が俳優教室で、今まで教えてきた中でも、初の試みです。
ギリギリ最後まで振りは付いて、完成!
歌声はないので、自分で物語を創作しなければならない。
5人のチームで踊るので、5人での息の合わせ、感情の表現も
必要になります。
次回は、それを発表してもらう予定です。
次回の最初は、振り固めは必要になるとは思います。
今回、前回までに付いた振りを踊る皆は、
まだただ振りをしているだけ、になっています。
身体の躍動も、心の躍動も、あまり感じられなかった。
今回振り付けられたものは、まだ余裕もないだろうし、
そうなっても仕方がないかもしれません。
が、その前に付いてる振りは、練習ができるわけです。
言われるまま、付けられたままにやるのではなく、
自分で、生み出さなければいけないのです。
自主稽古などで、世界観や感情を考え、想像して欲しい。
そしてそれが動きとどう連動するのか、考えて欲しい。
皆が、どんな世界を魅せてくれるか、楽しみです。
posted by 演出部 at 17:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

8月30日(木)石川寛美

引き続き「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の動き付け。
月曜日の成井さんがつけたところの続き、P.6-7をやりました。

本日も欠席者が多く残念でした。
大学などとの両立の人もいるので致し方ない場合もありますが…。
例えば、午前中のランニング、筋トレなど。
休まずやった人と、そうでなかった人とでは、明らかに違いが出てきます。
もう自主的にしかやらなくなったであろう外郎売りも、明らかに違いが出てきます。
貪欲に積み重ねることをしてほしいですね。

第6組に出てもらい動きをつけ、そのあと各組に伝達。
全組2ページ分付けた後、最初からの復習。
前回までにつけたところは定着度合いに個人差がありました。
反復練習が大切なことは皆わかっているようだったので、
ぜひ台詞の定着、動きの定着をやってほしい。
そして、動きの動機をもっともっと考えてほしいです。
1,2行の台詞はまあまあ動けていましたが、
1人で3行以上は厳しい様子。
緩急、押す引く。
そして、自分が客席からどう見えているか。
今、演出家はどこを見せたいと思い、何を立たせたいのか。
相手との関係性、相手とのキャッチボールをもっと楽しんで
動けたら良いですね。
動きつけもあと3ページ。もう少しでワンシーン完成です。
頑張りましょう!
posted by 演出部 at 20:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする