2017年07月29日

7月28日の授業−大内

ストレッチ。開脚からは二人組で行う。
硬い人が結構いて、一人ではなかなか伸びないので、
二人組にしました。普段から助け合って、
二人組でストレッチをしてもらいたい。
筋トレ。アーチの形に姿勢を保ち、腕立て伏せ。
そして、足上げ腹筋。勢いではなく一定の速度で動かす。
そうすると下っ腹(丹田)に効くので、
ポッコリお腹の対策になります。
基礎練習は、前回行った身体の分解。
1週間しかなかったせいか、進歩はあまり見られず。
もっと自主練習に励んでもらいたい。
そして、タンジュと1番ポジションでのプリエ。
シェネとピルエットをしました。
そして、振り付けへ。
曲は、2007年公演の「まつさをな」より、
ZABADAKの「硝子の振子」
インスト&3拍子。
5人一組で振りを付けていく。全員が同じダンスをするものではなく、
5人で一つの世界を見せていく。
振りはまだ最初のみ。歩く、移動する、位置に着く、
などしかしていないのですが、なかなか覚えられない。

「出来ない」と「やらない」

今自分は、本当に「出来ない」なのか?
「出来ない」と思って「やらない」ではないのか?
そういう話をしました。
自分に対する、甘え、を見破ってほしいです。
posted by 演出部 at 00:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

7月26日(木)石川寛美

10時から15時の授業。
本日は欠席者2名、遅刻1名。
林貴子コーチの指導で、ストレッチ、エアロビ、筋トレ。
11時15分からは私が発声の指導。
半数ずつ、外郎売のフリータッチをやりました。
今日、教室に入ったときから思っていましたが
皆、声が出るようになった!そして活気が出てきた!
とても良い変化です。
私は「スロウハイツの神様」の稽古〜本番があったため、
とても久しぶりの授業でした。
皆の変貌に感激しました。

昼休憩を挟んで12時から15時まで台詞の稽古。
4組あるので、1チーム45分できました。
一人一人の個性が明確になってきました。
そして、多くの工夫が見られました。
が、まだ全員が協力する、というところまでは行っていない。
更なる協力と工夫が必要だと思います。
来週はいよいよ第二回発表会!
楽しみです!
posted by 演出部 at 20:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

7月24日(月)成井豊

10時より出欠点呼、欠席1、遅刻1。
まずは、関根翔太コーチの指導で、ストレッチ、ボクササイズ、筋トレ。
次に、私のリードで、発声練習のかわりに、二人組朗読。
太宰治『走れメロス』の4回目。
記号タッチの後、今日が『走れメロス』をやる最後なので、一人一人で読んでもらいました。
セリフは読めば読むほど巧くなる。
キャラメルボックスでは、劇団創立10年目から20年目ぐらいの頃、公演のたびに、身体訓練と台本練習の間に、この二人組朗読をやっていました。
テキストは公演のたびに、作品に合ったものを選んだ。
吉川英治の『新平家物語』や、ウィリアム・サローヤンの『パパ,ユーア・クレイジー』など、様々なものをやりました。
稽古初日から3週間ほどやって、最終日は発表会。
私が採点して、優勝者に図書券を贈呈したりもしました。
とにかく様々なテキストを音読すること。
セリフか巧くなりたい人は、ぜひやってほしいです。

昼食休憩後、台本練習。
『ブリザード・ミュージック』の1場。
4組が1回ずつ発表した後、小休止して、さらにもう一周しました。
以下はダメ出し。
〇シラけたことを言って、お客さんに笑ってもらう、というギャグはやめなさい。役者なら常におもしろいことを言おうと努力するべき。
〇このシーンはコミカルなのだから、コミカルに演じるべき。
〇コミカルに演じるためには、お客さんにとってサプライズ効果がある表現を心がけること。その第一は、デフォルメ。
〇大きな気持ちは、腹の下から出すつもりで。
〇コミカルにしようとして、共演者と馴れ合いになってしまうことがある。緊張感を忘れずに。
〇自分を表現を、お客さんはどのように受け取るかを、常に意識すること。
徐々にダメ出しが高度になってきました。
それだけ、生徒たちの演技の質が高まってきたということです。
来週の第二回セリフ発表会が楽しみです。
頑張れ、15期生!
posted by 演出部 at 18:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする