2017年09月12日

9月11日(月)成井豊

10時より生徒だけで自主トレーニング。
12時より、演技の授業。
『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の2場、前回の石川寛美さんの授業で動き付けが完了したので、今日は前半後半に分けて、それぞれ1回ずつ発表してもらいました。
7組全部に同じ動きを付けたのに、芝居の雰囲気はみんな違う。
自然だけど、地味な組。
おもしろいけど、ギャグの部分が浮いている組。
前半はいいけど、後半は練習不足が目立つ組。
バラバラな組。
総じて、付けられた動きはちゃんと消化しているし、セリフもまあまあ自然。
しかし、
○盛り上がるべきところが盛り上がらない。
○キャラクターの追求が甘い。
○音量を落とすところで、落としすぎている。
○ギャグを入れるべきでないところに入れている。
○シリアスな感情を、反作用ナシで出すため、クサい。
○死に間が空く。
○チェンジ・オブ・ペースが下手、もしくは全然できていない。
しかし、ダメ出ししながら、「自分は今、ずいぶん高度なダメ出しをしているな」と気づいたのも事実。
いっぱいダメ出ししたけど、生徒たちの演技力は確実に増大しています。
いいぞいいぞ15期生!
posted by 演出部 at 00:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

9月8日(金)の授業(小多田)

9月8日授業

・ブラジリアン体操

・素振り…左足で軸を取り前後移動しながらの回剣
    左足で軸を取り前後移動しながらの擦り上げ

・二人組で移動…突きといなし

・前回付けた二人組の殺陣の発表


よく練習してくれて、安全に剣を振ってくれていて良かったです。
全体的にもっと声を出して欲しかったのと、攻守がよりハッキリと分かると尚良かったかたと思います。

力感は欲しいですが、身体は力まないように、刀が早くならないように、全身で振って欲しいと思います。

次回からはまた徒手に戻ります。
剣殺陣を通じて把握出来る空間が増えたと思いますので、それを活かして頑張って欲しいと思います。
posted by 演出部 at 15:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

9月6日(水)石川寛美

今日は動き付け最後の日。
残り1ページの動きをつけました。
相変わらず欠席・遅刻者が多く、どの組で動き付けをするか迷いました。
他の組で動きをつけたのをコピーするのと
自分の組で動き付けをするのとでは、全く勉強の仕方が違いますから。

先週の授業で「何が一番大事だと思う?」という私の質問に
「反復練習」と数人が答えていましたが、全くその通り。
皆、先週までに動きをつけたところに関しては、
随分たくさん反復練習したとみえて、自分のものになっていました。

気になるのはやはり、3行以上の台詞。
台詞と台詞が機械的に繋がっていってしまう。
接続詞がただのブリッジになってしまう。
でも繰り返すとだんだん良くなっていく。
やはり反復練習なのでしょう。
あとはチームワーク。
この3人は仲間です。
同じ喜びや苦しみを感じることができるはずです。
協力した空気作りが芝居のメリハリ、
奥深さに繋がっていくことでしょう。

私は来週から、自分が主宰するBOO WHO WOOLの稽古が始まり
次に皆と会うのは発表会当日です。
楽しみにしています!
お互い、頑張りましょうね!
posted by 演出部 at 08:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする