2017年08月28日

8月28日(月)成井豊

0930集合、1000より自主トレーニング、1130より昼食休憩、1200より演技の授業を開始。
最初に出欠点呼したら、なんと5人も欠席。
既に組分けはしたので、休んだら同じ組の人に迷惑がかかる。
体調管理に気をつけてほしい。

前回の石川寛美先生の授業で2・3ページの動きつけをしたので、今日はその続き。
一組だけ前に出てもらい、4・5ページをつけました。
で、10分間、それぞれの組で練習した後、発表。
決められた動きをただなぞるだけの生徒が何人もいたので、「気持ちを感じろ」と注意しました。

10分間の休憩後、2〜5ページを一組ずつ発表。
今度は全員、気持ちを込めてやってくれました。
キャラクターが弱い組、セリフが下手な組などいろいろありましたが、全体的には予想以上の出来。
4月の入学当初よりはるかに巧くなったと感心しました。

今日のダメ出し。
○強さと弱さを同時に持つ。それが人間。
○登場人物3人は子供の頃から他人に肯定された経験がない。だから、素直になれない。屈折している。今回のテーマは、この「屈折」を表現すること。
○役者が必要だと思う「間(ま)」と、お客さんが必要だと思う「間」は違う。たとえば、3メートル先にいる共演者に近寄ってセリフを言う時、役者は近寄るまでに2秒の間が空くことを「必然」と考える。自分はその2秒の間、歩いているので、「間」が空いたように感じない。が、お客さんは単純に2秒間、待たされる。この間は大抵いらない。
○このシーンはコミカルな場面なので、おもしろく演じる。明るく演じる。特に「敦也」は「怒り」「苛立ち」「不機嫌」一辺倒にならないように気をつける。
○今日はみんな、雑誌も手紙もエアーでやっていたが、実物を使って練習するべき。小道具の扱いも、慣れないと、巧くならない。
○セリフは200パーセント覚えてくる。
つけられた動きをさっさと覚え、消化して、自分のものにしましょう。
頑張れ、15期生!
posted by 演出部 at 21:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

8月25日(金)の授業−大内 8月25日(金)の授業−大内 8月25日(金)の授業−大内

ストレッチと筋トレ。
開脚からは二人組で。筋トレも二人組で。
協力して、行う。これがまだまだ上手く機能していない。
お互いのため、引いては自分のために、
ぜひ協力しあって欲しい。
基礎練習は、タンジュ、プリエ、パッセバランスを。
身体の軸。まだなかなか意識が出来ないようだ。
すぐにぶれてしまう。お家でも出来るので、ぜひ自主練習を。
次に、スローモーションで橋を渡るエチュード。
前回の授業でやった流れです。
設定は、10階建てビルとビルの間に平均台くらいの橋が架かってて
そこを渡らなければならない、カウント通りのスローモーションで、というもの。
表現はせずに、まずは感じること。そのためには、如何に想像できるか、
その設定の場面に存在できるか、が大切です。
カウントに合わせて、スローモーションという、条件が付いています。
芝居で言うところの、台詞、ミザンス、というところでしょうか。
こちらに見せる前に、まずは感じましょう。
その後は、ピルエットを行いました。

振付。前回の続き。2/3が付きました。次回が最後まで付き、
その次が発表予定。
1から5番まで、生徒さんは番号を割り振られているので、
次回までに好きなチームを組むように指示。
どんなチームが出来てくるか楽しみです。
posted by 演出部 at 13:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

8月23日(水)石川寛美

今日は動きつけの第一回目。
8組が初演の「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の動きを参考に
動線を覚え、演じなければなりません。
本日は2ページ分。2ページと3ページの動き付けです。

まずは1組に出てもらい、1ページずつ動きを教え、3回返したのち
他の組に伝授し、次の組にやってもらう…という形で全8組やりました。
動きを定着させるため、全組動き付けをしたあと、また全組返しました。

そんなに激しく動いているわけではないので、皆だいたいは覚えられたのですが
自分以外の人のことまで思いやれない。自分が今ここにいたら、相手役の動きを
妨げてしまう…ということが考えられない。よって動きが連動していかない。
ということが多かったように思いました。

また、台詞を覚えていないので、とても動きを覚えるところまで
脳がついて行かない、という人も見られました。

機械的に動きを覚えても意味がないのです。
なぜ、その人はそこに動くのか、お客さんからはどう見えているのか。
よく考えてほしいです。

台詞を覚えていないところで動きを入れなければならない
というのは、大変難しいことです。
次は月曜日に続きの動きをつけるはずですから
台詞はとっとと入れて、もっと動きに集中できるようにしてほしいです。
posted by 演出部 at 08:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする