2017年12月01日

11月29日(水)の授業(白坂)

集中稽古3日目。
2週間後には本番初日です。
皆の意識がだんだん変わってきた雰囲気があります。
顔つきが変わってきた生徒もいます。
この調子でもっともっと意識を高めてほしいです。

今日の授業は、昨日の続きで、小返し。
9場から13場までをやりました。
ギャグもしっかり練って、十分に稽古してから披露するというように、準備をちゃんとして、一回一回の小返しを無駄にしないよう頑張る姿勢が見えてきました。
クオリティはもう少しですが、ギャグによってキャラクターや関係性が強化されている部分もあります。
全体的には、少し多すぎるかなという印象もありますが、今は果敢に挑戦する姿勢を評価しています。
もちろんギャグだけではなく、小返しごとに様々なことにチャレンジしているのも良いです。
セリフの解釈を変えたり、キャラクターに今までとは違った色付けをしたり、感情の流れを吟味し直したり。
失敗しても、そこからヒントを得て、もっともっと台本を深めてほしいです。
ギャグもそうですが、「このくらい」と調整しながらやるのではなく、思い切ってやりきってほしい。
楽しいシーンも悲しいシーンも、はみ出てしまうほどの感情表現を見たいと思っています。
閉じたり、隠したり、恥ずかしがったりしている暇はありません。
勇気を持って、挑戦し続けてほしいです。
posted by 演出部 at 00:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

11月28日(火)の授業(白坂)

集中稽古2日目。
トレーニングが終わった後の稽古場に入ると、熱気に包まれていました。
しっかり体を動かして、汗をかいたのではないかと想像できます。
本番のために、しっかり体力づくりを継続してほしいです。

台本稽古は、4場から8場までの5シーンを行いました。
最初にXチームがやって、次にYチームがやって、またXチームがやるというように、各シーン3回ずつやりました。
昨日は1シーンをかなり細かく切りながらやりましたが、今日は皆、ちゃんと準備してきたようで、スムーズに進みました。
皆の心と体のエンジンがかかってきて、良い雰囲気でした。
しかし、芝居の深み、キャラクターの濃さ、相手役との掛け合いはまだまだ。
全員で協力してシーンをつくることの大切さをもう一度思い出して、お互いに影響を与え合ってほしい。
やるべきことはまだまだあります。
日々精進してほしいです。
posted by 演出部 at 22:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

11月27日(月)の授業(白坂)

今日から別の稽古場での稽古が始まりました。
まずは昨日積み込んだ荷物を、舞台監督さんが車で持ってきてくれたので、搬入。
衣装や小道具を箱から出したり、セッティングしたり、場ミリをとったり(床に実際の舞台の大きさの印を付けること)と、全員でスタッフワーク。
そんなに広い稽古場ではないので、靴の収納方法や小道具の置き場所を考えたりと、皆で知恵を絞りながら協力して作業をしました。
そして、10時半過ぎから出欠をとって、身体訓練。
ストレッチやダンス、殺陣を返した後、休憩。
今日から休憩時間が1時間になるので、準備や打ち合わせに使うことができます。
ぜひ有効に使ってほしいです。

休憩後、音響部が舞台監督さんから機材の操作方法についてレクチャーを受けていたため、1時30分から台本稽古を開始。
ですが、まずダンスの特訓になりました。
ニュアンスや形が若干違うところを細かく何度も返しました。
まだまだこだわってほしいです。
台本は、1場から小返しをして、細かく切りながら段取りを変えたり、うまく流れないところを繰り返したりと、こちらもかなり細かくダメ出しをしました。
少しずつ場の空気やそれぞれの気持ちの流れが見えてきます。
今日はダンスの特訓もあったため、3場までしか進みませんでしたが、濃密な時間になりました。

毎年思うことなのですが、この集中稽古の2週間がとても大事なのです。
ここで皆、グンと伸びます。
それは、密度の濃い稽古をきっちりしっかりやるからです。
こちらは、どんどん高度なことを要求していきます。
それについてきてくれれば、きっとものすごく成長するはずです。
今日始まったばかりなので、戸惑っているかもしれません。
ですが、ぜひ明日から集中してトップギアで進んでいってほしい。
ここからが勝負。
くじけず、悩まず、諦めず、前向きな姿勢で取り組んでほしいです。
posted by 演出部 at 21:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする