2016年12月11日

12月10日(土)の授業(有坂)

ついに稽古最終日です。
泣いても笑っても最後の稽古。
13時からYチームの通し稽古をして、ダメ出しをして、衣装やら小道具やらの荷出し準備。
Yチームはナチュラルなんだけどおとなしいというか華がないというかメリハリがないというかそういう印象でしたが、それぞれ努力してよくなってきてはいると思います。
まだ物足りないところも多々ありますが。
あとはお客さんの前に立って、どれだけ楽しめるか。
演劇はお客さんに見てもらわないと成立しないと思っております。
いままで稽古してきた成果を十分に発揮して、かつお客さんのために、楽しくお芝居すること。
そのためにも、きちっと仕込んで場当たりゲネを充分にやって、初日を無事に迎えられるようまだまだがんばりますよ。
posted by 演出部 at 04:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

12月8日(木)の授業(有坂)

通し稽古の4回目(衣装つき)。
Yチームでは2回目です。
一昨日の通しよりは面白くなったかな。
ただ、その変化はかなり小さいもので、こちらとしてはもっと大きな成長を期待したいのです。
まだ演技が小さかったり、滑舌が悪かったり、台詞や動きに振り回されてたり、問題はそれぞれありますが、それをクリアしようと頑張っているのはわかります。
しかし、6日後にはお客さんの前で、お金をいただいて芝居をするのです。
卒業公演とはいえ、そういう意味では他の芝居と同じだと思うのです。
ちゃんとチケット代を払う価値がある芝居ができるか。
最後まで足掻いて足掻いて足掻きまくってほしいと思います。

通しの後は13〜15場と2〜4場の小返し。
これで成井さんの動きの修正は一通り終わりました。
あとはとにかく、笑いを取れるようになってほしいのと、楽しく芝居をしてほしいですね。
やらなければならないことにキュウキュウとなっている生徒も多いのですが、芝居の本質はprayだと思いますから、早くみんなが楽しんでできるようになるといいなあと思います。
稽古は残り2日。
最後までわたしも足掻くぞ!
posted by 演出部 at 04:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

12月7日(水)成井豊

13時より、第三回通し稽古。
Xチームの2回目で、衣裳つき。
全体的な質は確実に向上しているのですが、ミスが多く、ギャグが全く笑えない。
ミスは「なくそう」と思うのでなく、「どうしたらなくせるか」を考えるべきです。
そうすれば、間違いなくなくせます。
上演時間は昨日より1分伸びて、1時間40分30秒。
ペースは適度。
しかし、ミスをなくせば、1時間40分以内に収まると思います。

ダメ出しの後、9・10・11・12場の復習。
今日のダメ出し。
○自分のセリフを確実に話しかける相手に刺す。
○自分がその場面に何をしに来たのか、目的は何かを明確にする。
○相手役のセリフの語尾と同じトーンで、自分の次のセリフを始めない。
○段落が変わる時は、それまでとは違ったトーンでセリフを出す。
○人間とは演技する動物である。自分の役がその場面でどれくらい演じているか、考える。
ダメ出しが徐々に高度になってきているのがわかります。
それは生徒たちの演技がよくなってきているからです。
自分では気づきにくいかもしれませんが、僕が参加した3日の間にも、大きく変わっています。
でもでも、こんな調子では本番に間に合わない。
稽古は残り3日。
さあさあ、いよいよラストスパートをかける時が来ました。
明日からの3日間、まさに死に物狂いで努力してほしいです。
頑張れ、14期生!
posted by 演出部 at 22:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする