2018年04月10日

4月9日(月)成井豊

10時より出欠点呼、19人全員出席。
まずは渡辺安理コーチのリードで、ストレッチと筋トレ。
いきなり長い腹筋運動で、みんな辛そうでした。
次に私のリードで、ストップターンとスローウォーク。
みんなまだ体を鍛えていないので、筋力がなくて、キレよく動けない。
スローウォークも全身が連動せず、手足がはラバラ。
しかし、9カ月後には見違えるようになっていることでしょう。
続いて、シアターゲーム、今日はタオルパス。
これはみんなわりと上手で、短時間でノーマル、リバースを習得し、背面までやってしまいました。
ちょっと安心。

昼食休憩後、発声練習。
腹式呼吸と発声の基礎を丁寧に解説し、やってもらいました。
みんな寝た状態での腹式はできるのですが、立って相手に話しかけるというのはまだまだ。
体のいろんなところに力が入り、あまり共鳴しないのです。
そして、最後に外郎売りの前半だけ練習。

休憩後、インタビューの1回目。
10組に前に出て、発表してもらいました。
サンシャイン劇場の舞台で、750人のお客さんに向かうつもりでやってほしいと言ったのですが、緊張と羞恥により、小声になってしまう人が多かった。
しかし、何人かは堂々と話していました。
またちょっと安心。

休憩後、台本練習の1回目。
第一クールのテキストは、『さよならノーチラス号』の1場の「タケシ」と「真弓」の会話。
6組に前に出て、読み合わせをしてもらいました。
発声練習の時、自分の声・セリフを相手役の顔に突き刺せと言ったのですが、手前で落ちてしまう人がほとんど。
感情量が小さいから、大きな声が出せないのです。
しかし、男子3名、女子1名は、しっかり相手役にセリフをかけることができていた。
できない人はお手本にしてくれるといいのですが。

授業は15時に終了。
その後、3人が質問に来ました。
やはり、内容は声のこと。
喉・首・肩・胸に力が入って、大きな声が出せない。
出そうとすると、ますます喉・首・肩・胸に力が入る、という悪循環。
声はおなかの下から出すイメージで、力は下に入れる。
上半身の力を抜いて、床を踏みしめるのです。
第一クールの2カ月で、ほとんどの人はこの問題をクリアできるはず。
焦らず、地道に努力してほしいです。
頑張れ、16期生!
posted by 演出部 at 00:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

4月6日(金)の授業ー大内

16期生、最初のダンス授業。
まず始めに、この授業について話しました。
約12回ほどの授業。自主練習なしには上達しないのです。
ダンスの上達は、個人の成長度が大事なことなど。
そして、この授業では、ダンスの上達、
よりも身体を使っての感情表現を学ぶことが大事なことを話しました。
役者として、舞台に立つ者として、身体を使って表現するための授業である、と。
ストレッチと筋トレ。
最初なので、時間をかけて教えました。
正しく身体を使うためにも、最初が肝心なのです。
次に、Walking。
ただ歩く。
音楽に合わせて綺麗に歩く。
さらにそこに、明るい気持ち、暗い気持ちを入れました。
その後、軸を作る練習と、プリエを少しだけ。
最後にダウンとアップのリズムを刻む練習をしました。
全体的に前向きで皆頑張っていました!
が、若干リズム感に不安を覚えました。
ちょっとノリ(身体を動かし)ながら音楽を聴いた方が良いかなと思います。
9ヶ月後、ものすごく変わった自分に会いに行くために、
がんばっていきましょう。
posted by 演出部 at 08:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

4月4日(水)成井豊

今日から2018年度の授業開始。
10時に新入生19名が集合しました。
内訳は、男子8名、女子11名。
例年よりちょっと少なめだけど、18歳から29歳まで、バラエティーに富んだメンバーです。
まずは、オリエンテーション。
私がカリキュラムについて、白坂恵都子が生活面について、話をしました。
休憩後、「他己紹介」。
これは、私が一人一人について簡単に略歴を紹介し、最後に本人が挨拶するというもの。
最初に講師の私、石川寛美、白坂恵都子、マネージャーの水谷友香梨が自己紹介を行い、続けて「他己紹介」を行いました。
終了後、クラス委員の選出。
7人が立候補してくれましたが、ジャンケンで5人が選ばれました。
それから書類の提出、レポート用紙の配布をして、ジョギングコースの下見に出かけました。
水谷の先導で、約2,4キロのコースをお散歩。
稽古場に戻って、挨拶をして、今日の授業はおしまい。
ちょっと早めに進んで、1240でした。

今日のみんなの顔はとても明るかった。
やる気に満ち溢れた笑顔でした。
今日の気持ちを忘れずに、12月の卒業公演まで頑張ってほしいです。
もちろん、私も頑張って教えます。
次の私の授業は来週の月曜。
16期生がどんな人たちなのか、一緒に稽古するのが楽しみでなりません。
頑張れ、16期生!
posted by 演出部 at 19:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする